2007年02月14日

いちごちゃん

今年は暖かい冬になりましたね。
地球温暖化のせいなのでしょうか・・・。

スーパーへお買い物に行くと、
この時期なのにいちごがとってもお安く売られていて、
びっくりしてしまいます。

そう、いちごの季節がやってきましたね(*^_^*)
そんな季節にぴったりのいちご柄の布がいろいろと入荷しました。

リアルな柄からかわいいものまで、いろいろ揃っています。
一度是非zeniso.comに遊びにいらしてくださいね。




今回はそのいちご柄の布にまつわる、
ここぶたの子供の頃のエピソードを少し・・・。



小さな頃って・・・、
その子によって一種のこだわりがあることがありますよね。

ここぶたの小さな頃のこだわりは、寝るときのシーツでした。
正確には掛け布団用のカバーなのですが、母の手作りの
いちご模様のブロードのカバーが大のお気に入りでした。


最初はたぶん、掛け布団カバーとして使われていたハズなんです。
でも、物心ついてはっきり覚えているのは、
そのいちご柄のシーツをかぶって寝ていたこと・・・。
手に持ったり、角をカジカジ噛んだりして(^_^;)
毎日眠りについていました。
一種の精神安定剤みたいなものだったんだと思います。
それが無いと眠れない毎日でした。

「いちごちゃん」という名前をつけて、
それはそれは大切にしていました。


スヌーピーの漫画に出てくるライナスの毛布みたいな感じです。
ブロードのひんやりした感触が大好きで、いつも一緒でした。



毎日毎日持っているので、しばしばお洗濯されるのですが、
そのせいで、色はハゲハゲ・・・(-_-;)
その大切さがわからない人にとっては、
ただのボロにしか見えなかったんだと思います。




ある日、時々手伝いに来ていたおばさんが、
あろうことかその「いちごちゃん」
ゴミとして捨ててしまったのです!!



事実を知った私は泣き叫び、
大切な「いちごちゃん」がなくなってしまったので
もうパニック状態!!


何を言っても収まらないので、父も母も相当慌てたのでしょう、
父は大急ぎで問屋に電話をかけ、いちご模様の生地を取り寄せ、
母がそれを大急ぎでかけ布団カバーに縫い上げ、
2代目「いちごちゃん」があっという間に誕生しました!!


2代目のそれは、初代とは少し色も柄も違うのですが、
同じいちご模様の「いちごちゃん」だから・・・と説得され、
何度か洗われるうちに肌にも馴染んで、
事なきを得たのでした・・・(^_^;)



今回新たにご紹介しているいちご模様のコットンプリントは、
その時の「いちごちゃん」を彷彿とさせる柄で、
思わず名前をいちごちゃんと名づけてしまいました(^^ゞ

c_0210_1.jpg


「いちごちゃん」が無くても眠れるようになったのが
いつ頃だったのか・・・、
もうはっきりとは覚えていないのですが、
「いちごちゃん」のひんやりとした感触だけは、
今もはっきりと覚えています。


幼い娘のシーツのために、
いちご模様の布を1反(多分当時は30〜40m位)買って、
あっという間に縫い上げてくれた父母に感謝です・・・。



posted by ここぶた at 01:19| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | きれ(布)のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。