2005年12月09日

イカのおすし

師走とはよく言ったもんで、
なんだかやっぱり本当にあわただしい毎日です。

今は街中クリスマスイルミネーションが美しくて、
ここ『もちいどの』も、電飾チカチカ、
一日中Xmasソングが流れています。

そんなときに「イカのおすし」・・・、

烏賊のお寿司ではありません。
これは、れっきとした警視庁生活安全部の標語、
子供を守る合言葉なんです。


最近、子供を取り巻く事件が多くて、本当に悲しくなります。
ここぶたも子を持つ親として、いろいろ心配したり、
考えさせられたり・・・、自分が子供の頃に当たり前のように
していたことが、どんどんできなくなっている最近の子供たちが
不憫でなりません。


「イカのおすし」は、

そんな子供たちが自分の身を守るために大切な合言葉です。
ここぶたの娘は時々学童保育へ行くのですが、
その学童の入り口にこの合言葉のポスターが貼ってあります。
初めて見たときはなるほどな・・と感心したのですが、
これが最近本当に重要であることに改めて気づきましたので、
ご紹介いたします。

知らない人についてイカない。
知らない人の車にらない。
連れて行かれそうになったらおきな声で叫ぶ。
ぐ逃げる。
大人の人にらせる。

そうしたら、今日Yahooで「イカのおすし」の歌があることを
知りました。
防犯ソング「イカのおすし」

子供をお持ちの方は、是非この歌をお子様に聞かせて
あげていただきたいと思います。

娘は時々近所へおつかいに行くのを楽しみにしていたのですが、
今はそれもできません。
本当に悲しい世の中だと思います。

子供を取り巻く環境がもっともっと良くなるように
願ってやみません。
来年は、悲しい子供が一人でも減るよう、祈り続けたいと思います。
posted by ここぶた at 18:10| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
ここぶたさんのブログをちょくちょく拝見させていただいてました
「しげぞう」と申します
すばらしい記事に思わずコメントいたします
ウチにも小1の娘がおりますが
「・・・どんどんできなくなっている最近の子供たちが不憫」
ということなど
ここぶたさんと全く同じ心境です
子供にとっては安全と自由のどちらも大事だから
本当に難しい時代になってきました

「イカのおすし」の話知りませんでした
子供に話そうと思います
Posted by しげぞう at 2005年12月10日 09:01
はじめまして、しげぞうさん。
コメントありがとうございます。

毎日、学校から帰ってきた娘は、その後の一日をほとんど家で過ごします。
昔は商店街でも当たり前にみられた子供たちの遊ぶ姿も、
今ではほとんど見られません。

子供そのものが減ったこともありますが、
やっぱり外で遊ぶことが激減したように思います。
遊びたいのに思うように遊べない。
今の子供たちが本当にかわいそうです。

安全を重視すると、「自由に外で遊んでいいよ。」とは言えません。
でも、本当はもっと自由にさせてあげたいのです。

私が小学校1年の頃といえば、夕方まで外で遊んで、
友達と近所の知らない場所を探検したり、
お互いの家を行き来したりがしょっちゅうでした。

でも、今は友達同士で遊ぶ約束をしてくることはめったにありません。
親が送り迎えをできる時以外は、
友達の家へ遊びに行くこともありません。
本当に悲しい世の中だと思います。

もっともっと自由にのびのび過ごせるようになるために、
何がいけないのか、どうしてこうなってしまったのか、
もっともっと根本のところを、
社会の皆が真剣に考える必要があるような気がします。
それがわかれば、何かがきっと変わると思うのですが・・・。

お互い、心配なこともありますが、
子供の未来が明るい未来であるように、
できることをみつけていきましょうね。

では、これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ここぶた at 2005年12月10日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。